佐々木俊尚さん×松浦弥太郎さん『家めしこそ、最高のごちそうである』トークショーから得た3つの学び

佐々木俊尚著『家めしこそ、最高のごちそうである。』(マガジンハウス)
「仕事辞めますか? それとも人間辞めますか?」

私が以前の仕事で破滅的に疲弊したとき、脳裏をよぎったフレーズです(何かの広告コピーに似ているのは気のせいでしょう)。身体を壊すほど働いてわかったのは、「これくらい働くと自分は機能しなくなるというボーダーライン」と「仕事以前に生活ができてないとダメだ」ということです。人間て、ひとまずしっかり生存しないとダメだよね?と。仕事と生存の優先順位が逆転してない?と。

そういうわけで、われわれ人間にとって「健康管理」というのは大事な“事業”なわけです。
“佐々木俊尚さん×松浦弥太郎さん『家めしこそ、最高のごちそうである』トークショーから得た3つの学び”の続きを読む